化粧水をつけることで逆に乾燥肌を招くという事実!!

実際に多くの女性の方が、化粧水でのケアを行っていると思いますが、化粧水が乾燥を招いている可能性もあるとご存知ですか?化粧水のつけすぎは、肌への過剰なケアとなってしまう場合もありますので注意が必要です。

 

スキンケアの基本は保湿で、洗顔後は化粧水をたっぷり肌に与えることが当たり前と思ってケアしている人も多いと思います。確かに肌が乾燥してしまうと肌のトラブルを招いてしまいます。

 

肌に潤いを与えてくれるスキンケアアイテムは化粧水です。そこで肌乾燥を改善させるためには、化粧水を肌にたっぷりつけます。しかし、化粧水を肌にたっぷりつければよいという物ではなく、たくさんつけることで効果を期待できるというわけでもありません。

 

実際に肌を守るためには、保湿ケアをすることが基本だと思っている人も多いのですが、保湿の持つ重要な役割は、バリア機能の維持です。肌は外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能という機能が備わっています。そのバリア機能の重要な役割を果たしているのが潤い成分です。

 

角質細胞同士の間をびっしりと埋めていて、外部刺激の侵入をシャットアウトしてくれます。なので、バリア機能を維持するためにも保湿は重要となっているのです。

 

肌のターンオーバーを保つためにも保湿は大切で、肌は一定周期で古い角質から新しい角質に生まれ変わるターンオーバー機能があります。肌が乾燥してしまうと角質が硬くなり剥がれ落ちなくなります。そうなってしまうと肌のトラブルを招いてしまうのです。一番重要になってくるのは、美肌を保つためには、ターンオーバー機能を正常に保つことです。

 

毎日のスキンケアを行う際には、化粧水をつけすぎてしまう事があります。たくさんつけると自己満足してしまうのですが、逆に肌荒れを引き起こしてしまう原因となる場合もあります。自分なりにケアしているのに、肌の悩みが多くなっている人も多いと思います。

 

化粧水のつけすぎは逆に乾燥肌を促進してしまうといわれています。化粧水をつける際には、保湿効果を高めるために、必要以上に長い時間をかけて肌にパッティングする人もいますが、その間に水分が蒸発してしまいます。その結果、乾燥肌をすすめる原因にもなってしまうのです。

 

また、化粧水をつけすぎてしまう事により、角質層がふやけてしまう場合もあります。化粧水をつけると肌の奥まで信と王して肌が潤っているように感じます。しかし、潤っているのは、肌の表面にある角質層だけです。

 

さらに、化粧水をつける事により、その角質層がふやけてしまうのです。実際に、プールやお風呂に長い時間入ることで、皮膚がふやけてくるという経験は誰でもしたことがありますが、肌も同じ現象が起きてしまいます。

 

化粧水を浸透させる場合には、手を使ったりコットンを使いますが、コットンも時間をかけてパッティングするとコットンが乾いてしまいます。その状態で、肌に触れる事により、肌にダメージを与えて角質層を傷つけてしまう事もあります。

 

手で付ける場合でも、化粧水を浸透させるために何度も強めにパッティングしますが、それが肌を傷つけてしまう事に繋がることもあります。また、肌が乾燥したり、敏感な状態の場合には、肌の毛細血管を傷つけてしまう事もあるので注意が必要になります。

 

美肌を目指すための化粧水の正しい使い方ですが、肌の乾燥度合いについては個人差があります。化粧水をつけるさいには、自分の肌にあった適量を知ることが何よりも大切になってきます。

 

洗顔後もほぼ化粧水をつける必要がないくらいしっとり潤っている人もいますし、普通肌の人の場合には、少量の化粧水で十分肌を潤す事ができます。適量以上につけてしまう事により、肌のトラブルを招いてしまう原因となってしまいますので、何より自分の肌に合った適量を知ることが一番重要となっています。

 

また、化粧水をつける際には、手やコットンでつけますが、力を入れて手やコットンでパッティングする事により、肌の角質層にダメージを与えてしまいます。化粧水をつける際には、優しく肌にふれるようにつけていきましょう。

 

化粧水は常温で保存していると思います。手が冷たい状態で化粧水をつけると手の温度で毛穴が縮んで化粧水の浸透が悪くなってしまいます。手を温める事により、毛穴が開いて化粧水の浸透力を自然に高める事が出来ます。

 

実際に、たくさん使えばよいという問題ではなく、肌の力を発揮させて美肌を目指すためには、肌の機能をしっかり活用する事も重要になってきます。なんでも与えると肌が自分で再生できなくなってしまいますので、スキンケアは、何より手助けというような感じで行っていく事がお勧めできます。

 

化粧水でしっかりケアしているつもりでもそれが逆効果となってしまうという場合もありますので、何よりも美肌を目指すためには正しい方法でケアを行っていく必要があり、美肌への近道となります。

小顔トレーニングでシワが増加!?

実際に小顔になりたいと考えている人が多く、小顔トレーニングなどを自分なりに取り入れている人も多いのですが、逆にシワが増加してしまうという場合もあります。顔の筋肉を鍛える表情筋のトレーニングは、肌のたるみを引き締めて評判となっています。しかし、その半面では、肌の老化を進めてしまうとも言われています。

 

小顔トレーニングは、表情筋トレーニングを行うのですが、顔には様々な筋肉があり、それにより、表情の形が作られています。しかし、その筋肉は年齢を重ねる事により衰えてしまいます。

 

顔の筋肉を鍛える小顔トレーニングは、様々な美容効果を期待する事が出来るといわれていて、ほうれい線を薄くしたり、二重あごをなくしたり、目の周りのたるみを解消したり、小顔効果、顔全体の効果を期待する事が出来ます。

 

小顔トレーニングで表情筋をトレーニングする事により、新陳代謝が促進されるので、美肌になっていく効果もあり、顔の表情を作る筋肉を鍛える事により、顔のこわばりを取ることが出来て、血行を良くすることができ、くすみやしわが解消できます。

 

しかし、顔のたるみやしわは筋肉だけが原因となっているわけではありません。たるみやしわの原因としては、肌の弾力が失われることで起きる皮膚のたるみと筋力の衰えで、皮下脂肪がたれさがって出来るたるみなどもありまます。

 

顔のトレーニングをするとシワがなくなるという話が出ていますが、それは間違った情報です。それは、しわが出来る仕組みを知る事により理解することが出来ます。肌の構造ですが、体の他の部分と違って顔の皮膚の下には皮下脂肪があります。とても薄くて、その下にある筋肉が骨と皮下脂肪を支えています。

 

しかし、加齢により筋肉の力が弱まってしまう小おtにより、顔に皮下脂肪が溜まると筋肉は脂肪を支える事が出来なくなります。そして、脂肪と皮膚は重力にしたがって下に引っ張られたるみになります。

 

また、一度伸びてしまった皮膚はもとに戻す事はできません。しわはこの伸びた皮膚が原因となり出来てしまいます。正しい筋トレをしないと逆にたるんだ皮膚がさらに深いしわを作ってしまう結果となってしまうのです。

 

顔の筋肉は皮膚に直接ついていて、細かく分かれています。まばたきをしたり口を開けたり表情を作るためにそれぞれ筋肉は別々の動きをしているのです。なので、顔のシワが気になる、ほうれい線が気になると偏ったトレーニングやマッサージをする事により、たるんだ皮膚の表面で折りたたまれて、それがシワとなってしまうのです。

 

皮膚はデリケートな構造になっているので、間違ったトレーニングを行う事により、皮膚の下の細胞が破壊されていしまう事もあり、これもシワの原因となります。もともとあまり動かしていない筋肉なので、トレーニングをする前には、何よりもしっかりほぐしす必要があります。

 

小顔トレーニングする際には、何よりも正しい方法で行っていく必要がありますし、小顔トレーニングを行うだけでなく、食事面でも筋肉の材料になる栄養素をしっかり摂取する事も大切になってきます。

 

タンパク質やカルシウム、ビタミンが含まれている食材を意識して食べるようにして、肉や魚、大豆製品、チーズや野菜など栄養バランスよく摂取する必要があります。

 

また、質の良い睡眠で成長ホルモンの分泌を促す事も大切になってきます。新陳代謝を促す成長ホルモンは睡眠中に分泌されています。夜更かしはやめて、寝る前には軽く体全体のストレッチを行って、深く眠る事が出来るように工夫する必要があります。

 

今の時代では、お風呂もシャワーで済ませて湯船に浸からないという人が増えているのですが、湯船に浸かる事により、質の良い睡眠をとることが出来ます。寝る前には、パソコンやスマホの画面を見ないようにして、自律神経を整える事により、しっかりと眠りにつくことが出来ます。

 

また、顔のしわについては、多くの方が加齢と感じているのですが、加齢だけでなく、表情でもシワができやすくなってしまう事があります。日常で顔にも癖が出ます。笑い方、怒り方など様々な表情をすると思いますが、その中で癖になっていることを意識して避けていくという事も考えていきましょう。

 

小顔トレーニングの効果を出すためには、シワが出来て逆効果にならないように注意する事は、自分が悩んでいる部分をきちんと把握する事が大切になってきます。顔はたくさんの筋肉がありますで、鍛えて効果を期待する為に、どの筋肉を鍛えるとどの部分に効果があるのか、鍛える部位によって違ってくるのでその辺もしっかり把握する必要があります。

 

全体的に行っても、気になっている部分のシワが解消できなかったり、気になっている部分は効果が出たけど、他の部分でシワがという結果にならないように正しい知識、方法で顔のトレーニングを行っていく必要があります。また、無理なく続けることが出来る方法を選び、実践していきましょう。