クレンジング剤でマッサージ

メイクをする事により、クレンジング剤を使う必要がありますが、実際にキレイに汚れを落とすために、クレンジング剤でマッサージする人もいます。しかし、肌には負担となってしまうので避けるようにしましょう。

 

今の時代は、何よりもクレンジング剤の種類も豊富になっています。仕上りなどを考えるとクレンジング剤で落とす必要があり、UVカット剤についてもクレンジングできちんと落とす必要があります。クレンジング剤を使って行ってはいけないことを紹介します。

 

クレンジング剤の使用量をケチる

クレンジング剤をケチる事により、その分、肌への負担が大きくなってしまいます。メイクコスメは油分で作られているものが多く、単なる洗顔だけで汚れを落とすのは難しいのです。あぶらの汚れを落とすためには、クレンジング剤が必要となります。クレンジング剤で油分を油分で浮かせて落としていくのです。

 

メイクを薄くしていても、今の時代は、コスメもメイク崩れしにくい、落ちにくいという事を踏まえて作られている商品が多いので、落とす時に使用するクレンジング剤の量を減らすのはやめるようにしましょう。クレンジング剤の使用量が少ない場合には、汚れを浮かせる事が出来ず、摩擦を与えてしまう結果になります。

 

肌への摩擦は大きな負担となってしまい、肌にダメージを与えます。毎日のクレンジングで自分から肌のトラブルの原因と作ることは好ましいとは言えません。クレンジング剤は少し多めに使うという事を意識して、肌に負担を与えないように十分な量できちんと汚れを浮かせて落とすという事を考えていきましょう。

 

クレンジング剤でマッサージしない

最近では、マッサージクリームとして使う事が出来る、クレンジングクリームなども販売されるようになりました。しかし、クレンジングをする際に、マッサージを行ってしまうのは、肌に汚れを擦りつけているようなものです。目的がちがうので同時に使うのは無理なのです。

 

クレンジングはどんなタイプの商品であっても、的確に汚れやメイクを落とすためにあります。マッサージクリームは指先の動きをよくさせて、肌を乾燥させないように行うのが目的となっています。クレンジング剤で行う事により、肌に必要な皮脂までとり過ぎて逆効果となってしまいます。

 

今、クレンジングクリームにも使用する事が出来る商品を使っている場合は、まずは、クレンジング剤としてキレイに汚れを落として、化粧水で肌を整えて、それかたマッサージクリームとして使い、落としてから美容液や乳液、クリームと基本的なケアを行っていきましょう。

 

スピーディーに落としたくてもゴリゴリは避ける

クレンジングは肌に負担をかけずに、キレイに汚れやメイクを落とす事が目的です。素早く落としたいからといって、強引に馴染ませるのはよくありませんし、ゴリゴリ肌に刺激を与えるのも避けるようにしましょう。

 

強引になじませることにより、肌を摩擦してしまいますし、肌の表面だけでなく内部の毛細血管にも大きなダメージを与えてしまう可能性があります。急いでいる場合でもきちんと肌にこすって馴染ませるのではなく、なでるような感じで馴染ませることが大切になってきます。

 

実際に、メイクの汚れを落とす際には、クレンジングをするだけでも肌には負担をかけているといわれています。その中で刺激を与える事により、肌の悩みを増やしてしまう結果に繋がってしまいます。

 

正しいクレンジング方法で肌の汚れやメイクを落として、肌の状態をきちんと整えることが出来るケアもきちんと行っていく必要があります。また、クレンジングをして汚れを落とした場合でも、最後のすすぎを疎かにしてしまう事により、何の意味も無くなってしまいます。

 

特に髪の生え際などクレンジング剤が残っていることも多い場所ですが、肌にすすぎそこねた汚れを放置しないようにしましょう。1回のクレンジングで最低でも20回はすすぐように心がける必要があります。

 

また、水温が高すぎるのも注意が必要となり、温かいお湯で洗う事により、毛穴が開いて汚れを落とす事が出来ると思っている人も多いのですが、温度が高すぎてしまうと皮膚に必要となっている油分まで落としてしまう場合があり、乾燥の原因となります。

 

実際にクレンジングはメイクをする上では、当たり前のこととなっていますが、間違っている方法で行う事により、肌に負担をかけてしまい、肌のトラブルを招いてしまう結果になってしまいますので、何よりも正しい方法を身につける必要があります。

 

実際に自分が行っているクレンジングのやり方は正しいと思ってやっている人も多いのですが、何より、肌へ少しでも負担をかけないように意識してクレンジングするだけでなく、クレンジングのすすぎなども丁寧に行っていくようにしましょう。

 

美肌を目指していくためには、今一度自分のクレンジングを見直して、クレンジング剤を使うだけでも肌に負担をかけているという事を認識する必要があります。