SBCのウルトラリフトダブル・・・

SBCのウルトラリフト・ダブルって知っていますか?たるみを超音波を使って根本的に治療する事が出来る小顔若返りレーザーです。実際に多くの方が体験していますが、メリットがある半面ではデメリットもあります。

 

実際にSBCのウルトラリフト・ダブルは、今すぐたるみを引き上げたい、フェイスラインを引き締めて小顔になりたい、小じわ、肌のハリ感も同時に改善したい、一度でしっかり効果を実感したいという人にお勧めできます。

 

ウルトラリフト・ダブルは、新陳代謝を使用した本格的なリフトアップ治療となっていて、HIFUという治療法で、超音波を目的の場所のみ照射して、ピンポイントで加熱する事が可能となっています。

 

ポイントとしては、今までは外科手術でしかアプローチすることが出来なかった深い層に照射する事が可能となっています。たるみの原因となっているのは、皮膚の深い層にある筋膜です。今まではレーザーや高周波で治療する事が出来ませんでしたが、ウルトラリフト・ダブルは超音波を使用しているので、深い層まで届いて加熱する事が出来ます。なので、外科手術に匹敵する高いリフトアップ効果を期待する事が出来ます。

 

また、加熱するポイントが点状なのでタイムダウンが短く、照射箇所を一面加熱するのではなく、点状に加熱していきます。一つ一つの点は接しないようになっているので、傷のまわりには正常な組織が残っている状態です。周りにある正常な組織の働きにより新陳代謝がスピードアップして、コラーゲンの修復が早まるのでダウンタイムも短くなるのです。

 

さらに、皮膚表面には傷が付かないので、当日からメイクが可能となっています。筋膜の深い層を狙ってピンポイントで加熱するので、皮膚の表面には傷はつきません。一時的に赤みや腫れが出ることがありますが、皮膚表面にはダメージがないので治療当日からメイクをすることが出来ますし、日常の生活にも支障を与える事はありません。

 

ウルトラリフト・ダブルは照射する深さを調整する事が出来るので、浅い層と深い層をダブルで照射する事により、皮膚全体のリフトアップを期待する事が出来ます。浅い層の表皮、真皮の層に照射する事により、小じわ改善や肌のハリ感をアップする事ができ、深い層に照射する事により、たるみを根本的に治療する事が出来ます。

 

ウルトラリフト・ダブルはウルトラリフトが進化しています。筋膜層をターゲットにたるみの引き締め効果を出す事が出来るHIFUという超音波技術を用いた画期的な機械です。機械をあてるだけなので、ダウンタイムはほとんどありませんが、1回で効果を実感する事が出来ます。1回の施術により、半年から1年もの間たるみにブレーキをかける事が出来る夢のような治療となっています。

 

その半面では、実際にデメリットが気になると思いますが、デメリットとしては、費用が高額という事です。しかし、目指している自分に変身する事が出来て悩みを解消する事が可能となっています。

 

費用としては、顔(頬・フェイスライン・顎下のみの照射)1回コース198000円で2回コース277000円、3回コース354000円となっています。首は1回158000円です。顔と首の場合には、1回コース258000円で、2回コース396000円、3回コース468000円となっています。

 

実際に価格が高額というだけでなく、モニターを募集している最中なので、まだ、どのような効果を得る事が出来るかというのは、難しいと感じます。悪い口コミでは、デメリットとして、3ヶ月程度で元に戻ってしまった。想像していた痛みがあった、口の内側が軽いやけどした感じになっている、顎の部分はあまり変わらなかったなどとなっています。

 

最近では、メリット、デメリットも多く紹介されていますが、何よりも同じような結果になるとは限りませんし、実際に効果も個人により違ってくると思います。最終的に決めるのは自分だと思いますし、メリットもデメリットも踏まえたうえで受けるようにしましょう。

 

また、大きな傷は顔に付けたくないと感じている人も多いと思いますし、そこまで高額な費用を出して、肌の悩みを解消する必要がないと感じている人も多いと思います。その中で、受けたいと感じる人もいるので、人はそれぞれ考え方が違いますし、自分がやりたいと感じた場合には、やればいいと思います。

 

実際に、女性は誰でもキレイになりたいと願っているとは思います。その中で、コンプレックスなどを抱いている人の治療法としては良い方法だと思いますし、一般の方が受ける事が出来る費用ではないと感じるのは私だけでしょうか。

 

若い人にとっては良いと思いますが、家庭が主婦にとっては、そこまで費用を出して、自分の顔にお金をかける事が出来ないと考える人の方が多いと思います。自分が行うかどうかは決める必要がありますが、その前にきちんと良いことも悪いことも把握しておくようにしましょう。

 

実際に外科手術ではないとしてもリスクや費用なども関係してきますので、何よりしっかり考えて行動するようにしましょう。